東北大学 大学院農学研究科 応用生命科学専攻



研究生を募集しています

分子生物学研究室受験を考えている諸君へ

 

 我々の研究室が求める人材は、生命の理解とその応用に興味を持ち、その研究を目指す人です。
 私たちの研究室を巣立った者たちは、研究室で得られた知識や経験を基に、農学はもとより、基礎生物学から医学・薬学など、生活と健康に関わる分野での活躍を期待した研究と教育を行っています。


 我々の研究室では、真核生物、特に動物細胞と動物個体、および酵母細胞を研究の中心対象としての遺伝子機能解析研究を行っています。
 
遺伝子機能の解析目的の中でも、対象遺伝子が動物の細胞・組織・個体において果たしている機能を明らかにするため、我々の分野は遺伝子変換動物(代表的なのはノックアウトマウス)作製による動物個体を用いたin vivo(生体内)での遺伝子機能解析を積極的に進めています。
 遺伝子変換動物作製による遺伝子機能の解析は、動物遺伝子の生体内での機能を明らかにする方法として、多くの長所を持つからです。


 我々は、自身による遺伝子欠損マウス作製に基づいて、次のような研究を進めてきました。


(1)



(2)


(3)



(4)


(5)

哺乳動物の社会行動(親和性、母性行動、母子関係、敵対行動、相手の記憶識別など)を制御する下垂体後葉ホルモンとその受容体遺伝子の、個体の行動と脳・神経系での情報制御機能に関する研究

動物の発生分化の過程で様々な臓器や組織の分化形成と、種特有の”かたち”にかかわる形態形成遺伝子についての研究、特に頭部顔面形成機構と頭蓋骨縫合部

腎臓や皮膚、卵巣などで発現し、腎臓形成や機能維持、皮膚や毛嚢の機能維持に働くと考えられるみなしごGPCR(G蛋白共役型受容体)、LGR4の研究

動物の生殖機能を制御する遺伝子の研究、精巣で精子形成に関わるDmrt7、及び   差分法で得られた新規初期卵巣形成時特異的遺伝子の研究

細胞膜透過性蛋白による細胞分化の研究

 



 遺伝子操作マウスを用いる研究は、作成から、養育、研究と長い時間を要しますが、インパクトのある大きな成果も期待できる重厚な方法です。
 ゼロからスタートしたこの研究ですが、我々がKOマウス第1号として作製したオキシトシン受容体遺伝子欠損マウスの詳細な解析により、2005年末には、この受容体系が母子関係や(ヒトを含む)動物個体相互間の関係、小児精神疾患の自閉症に深く関係している事を示す研究成果を得ることが出来ました。この成果は大変話題になり、「遺伝子と社会行動」と言う新しい概念から、NHK、河北新報や、読売新聞など全国紙でも取り上げられました。

 本年の1月、大手町日経ホールで行われた第7回東北大100周年記念セミナーでは一般聴講者へ我々の研究を紹介し好評を得ました。家族関係や母子関係の崩壊、切れやすい子供の増加などの社会現象にたいする科学的理解のために今後この分野の研究の重要性はますます増すものと思われます。

 これに加え、我々の研究室では、動物の形作りのメカニズム研究、腎臓の形成と腎炎の経過に関わるらしい謎のGPCR,LGR4、精子形成制御遺伝子のDmrt7、そして細胞透過性の機能性タンパク質創出という新しいタイプの研究も、開始しています。これらの研究は世界的な競争の中において、何れも遜色ないレベルで同時進行しています。

 一方、助教授の原田らは、真核細胞核の染色体機能制御関連遺伝子研究にフォーカスし、Arp(アクチン関連タンパク質)と呼ばれる核タンパク質群の研究を展開しています。細胞骨格の形成や運動、細胞の分裂などに中心的な役割りを果たしているアクチンに、構造的にも進化的にもよく似たアクチン関連タンパク質(actin-related protein、Arp)は細胞核やクロマチンの構造機能に関わり、そのいくつかが細胞核に集積していることを原田らは世界で初めて報告し、その機能解析を続けています。また、Arpはクロマチンを構成する主要なタンパク質のヒストンに作用するクロマチンリモデリング酵素の制御機能を持つことが判りました。Arpの機能を明らにするためのヒストンやクロマチンリモデリング酵素の研究を海外の研究室等との共同研究によって推進し、特定領域研究「細胞核ダイナミクス」を立ち上げて研究の進展を図っています。

 我々分子生物学分野は、研究のファイナルゴールとして農学・薬、医学、ペット産業など幅広い応用を意識しながらも、きっちりした基礎研究にその重点を置き、基礎にも応用にも立ち向かえる研究者の養成教育を目指しています。そして所属の学生諸君は各々が主体性を以て、日夜、分子生物学、内分泌学、発生学、神経科学、行動科学、生理学、薬理学などの最先端で評価される成果を目指し、研究を進めています。

 現在我々の研究室には遺伝子の個体レベルでの機能を探る為作製した、数々の”遺伝子KOマウス”が蓄積されており、様々な研究を競争を殆ど気にしないで独占的に進められる体制が整ってきました。
 また、その成果も社会から評価されるようにもなってきました。あとは、本格的な研究に身を投じていきたい、と思う学生諸氏が研究に参加してさえくれれば、さらに大きな成果が出ることも確実、と考えています。


 貴方の熱い研究への想いと我々の研究への参加を心待ちにしています。


東北大学大学院農学研究科
分子生物学分野・西森克彦

分野に関する問い合わせは西森までご相談・ご連絡ください。
knishimori*m.tohoku.ac.jp(*→@)